ホーム > 新着情報 > ハードウェア

ハードウェアの記事一覧

2018.04.11 ハードウェア グローバルシャッタータイプの組み込みデプスセンサ「Structure Core」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、グローバルシャッタータイプの組み込みデプスセンサ
Structure Core のページを追加しました。


structurecore_img.jpg

Structure Core は、
3次元形状スキャナ Structure Sensor を開発するOccipita社の開発した
組み込み用の高精度センサです。

グローバルシャッタータイプの赤外線ツインカメラを備え、
正確で低ノイズの深度検出が可能です。

AR/VRのSLAM(Simultaneous localization and mapping)や
ロボットビジョン、その他組み込みアプリケーションに最適です。



Structure Core 主な仕様:

・Range : 0.3 - 5+ m
・Accuracy : ± 0.17% Plane-fit RMS at 1m
・Environment : Indoor & Outdoor
・Shutter : Global IR + Visible

・Size : 104.95 x 21.21x 15.28mm
・Weight : 39g
・Connection : USB 3 (Type-C) / Lightning
・Power : 1.25W (at 30 FPS)


SDKについて:
Structure Core can work with Structure SDK,
which fuses depth, color, and IMU data to enable powerful features like 3D scanning,
large-scale SLAM and now includes Bridge Engine for groundbreaking mixed reality.
※Structure SDK と Bridge Engineについては こちら


※2018年4月現在、開発者向けのDevelopment Kitとして提供がされています
(Development Kitの中にStructure Coreが含まれる形となります)。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Structure Core / グローバルシャッタータイプの組み込みデプスセンサ
メーカー (Occipital, Inc.) WEBサイト

詳細を見る

2018.04.05 ハードウェア 水中撮影に対応した360度カメラやドローン(ROV)「Boxfish」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、水中撮影に対応した360度カメラやドローン(ROV)
Boxfish のページを追加しました。


boxfish_img.jpg

Boxfish はニュージーランドに拠点を置く企業、
Boxfish Reserch社の開発する水中撮影機器シリーズです。


水中探査などの分野での活用が期待される、
最大水深1,000mでの4K UHDの映像撮影が可能な Boxfish ROV と、
最大水深300mで5K解像度の360°映像が撮影可能な Boxfish 360
ラインアップされています。




boxfish_rov_img1.jpg

Boxfish ROV

水深1,000mまで対応可能な水中ドローン (ROV - Remotely Operated Vehicle)。
独自の8ベクトルのスラスタ推進システム・安定化システムにより
水中でも揺れの少ない安定した撮影が可能です。
4K UHDの高解像度映像を3-6時間(バッテリー稼動時間)、撮影が可能で、
また重量23kgと比較的コンパクトなため、小さなボートで一人で持ち運び使用することができる
...といった利点があります。



boxfish360.jpg

Boxfish 360

水深300mまで対応可能な水中360度カメラ。
映像で5K (5040x2520)まで、静止画で12.1メガピクセルの解像度に対応しており、
標準バッテリーで最大90分、オプションのバッテリーエクステンダーを用いることで最大3時間、
水中の360度映像や360度のRAW写真を撮影することが可能です。



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Boxfish / 水中撮影に対応した360度カメラやドローン(ROV)
メーカー (Boxfish Research Limited) WEBサイト

詳細を見る

2018.03.28 ハードウェア 7自由度の研究開発向け双腕ロボット「Baxter Robot - Research Version」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、7自由度の研究開発向け双腕ロボット
Baxter Robot - Research Version のページを追加しました。


baxter_img.jpg

Baxter Robot - Research Version は、
産業業界などでの協働ロボットとして北米で導入されている双腕ロボットBaxterの
研究開発・教育用途向けモデルです。

最大リーチ1210mm、7自由度のアームを2つ備える産業向けモデルと
同様のロボット本体に加え、Research Versionの特徴として、
ROSプラットフォームを利用したオープンソースのSDK、
Github や URDF(Unified Robot Description Format)といった情報共有ツールの活用、
既存の双腕のカメラに加えフロントカメラと360度ソナーの追加...といった機能が、
研究用途向けに追加されています。

またBaxterには弾性アクチュエータが備えられており衝突に対する安全性が高く、
ケージに入れる必要がないため、研究室内での使用に適しているのも特徴です。



【Baxter Robot - Research Version セット内容】

Baxter Robot本体

Mobil Pedestal

- Baxter用のキャスター付き台座

Electric Parallel Gripper Kit
- Parallel Gripper
- Fingers : 4 Types
- Finger Kit A
- Hex key for installation
- Custom Hard Plastic Carry Case
- User Guide



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Baxter Robot - Research Version / 7自由度の研究開発向け双腕ロボット
メーカー (Rethink Robotics.) WEBサイト

詳細を見る

ページの先頭へ