ホーム > 新着情報

新着情報

2017.08.03 ハードウェア モーションキャプチャ機器と組み合わせて使用するデータグローブ「Manus VR」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、
モーションキャプチャ機器と組み合わせて使用するデータグローブ
Manus VR のページを追加しました。


manusvr_img.jpg

Manus VR は、グローブ型のトラッキングデバイスです。
VR HMD HTC Vive や、Xsens、Vicon、PhaseSpace、OptiTrack のような
モーションキャプチャデバイスと組み合わせて使用することで、
グローブ装着者の手・指の動きを高い精度で読み取り、
VR空間での動きに反映させます。

それぞれの指に2つずつのセンサ、
さらに親指に対しては回転の動きを読み取るためのセンサも含んでおり、
全ての指の動きを細かくトラッキングします。



【Manus VR 特徴】

・手洗いでの洗濯が可能
・手首とIK(inverse kinematics)トラッキングソリューションによりVR空間で腕の動きも再現
・ワイヤレス利用 - レイテンシー(遅延) / 5ms(ミリ秒)
・バイブレーションモーター搭載による触覚フィードバック
・ジャイロスコープ、加速度センサ、磁気センサ搭載
・最大3~6時間の長時間使用が可能


【対応機器】
HTC Vive (Vive tracking) / Xsens / Vicon / PhaseSpace / OptiTrack


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Manus VR | モーションキャプチャ機器と組み合わせて使用するデータグローブ
メーカー (Manus VR) WEBサイト


詳細を見る

2017.08.03 WEB制作・開発 JavaScript スプレッドシートライブラリ「Handsontable Pro」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、
JavaScript スプレッドシートライブラリ
Handsontable Pro のページを追加しました。


handsontable_img1.jpg

Handsontable Pro は、
WEBアプリケーション向けに編集可能なスプレッドシート(表)を構築する
JavaScriptライブラリです。
必要なプラグインを導入することで様々な機能をもった表の構築が可能です。

Handsontable Pro には、
オープンソース版であるHandsontableの機能に、
ドロップダウンメニューの追加、データフィルタリング、
csvへのデータエクスポートなどの高度な機能が追加されています。



【Handsontable 機能一覧】

Fixing rows/columns
Stretching table
Scrolling
Sorting data
Pagination
Comments
Fixing bottom rows
Header tooltips
Nested headers
Collapsing columns
Resizing rows/columns
Formula support
Data validation
Search data
Drag down
Merged cells

以下 Handsontable Proでの追加機能
Hiding rows
Hiding columns
Binding rows
Export to file
Moving rows/columns
Conditional formatting
Read-only mode
Custom rendereres
Context menu
Custom buttons
Dropdown menu
Filter data
Summary calculations
Gantt Chart (alpha)


各機能の詳細な説明についてはこちらをご覧ください


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Handsontable Pro | JavaScript スプレッドシートライブラリ
メーカー (Handsoncode) WEBサイト



詳細を見る

2017.07.26 ハードウェア Intel製のドローン(UAV) 「Intel Aero Ready to Fly Drone」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、
Intel 製のドローン
Intel Aero Ready to Fly Drone のページを追加しました。


intel_aero_img.jpg

Intel Aero Ready to Fly Drone は、
Intel がリリースするUAV (無人航空機)開発プラットフォームです。

Atom クアッドコアプロセッサを搭載するAero Compute Board
および カメラとしてRealSense (R200)を搭載しています。
またDronecode PX4 ソフトウェア対応のフライトコントローラーも搭載し、
その名の通り届いてすぐに利用することが可能です。


【Intel Aero Ready to Fly Drone 仕様】
-------------------------------------------------------------

Intel Aero Compute Board
Intel Atom x7-Z8750 processor
4 GB LPDDR3-1600
32 GB eMMC
MicroSD* memory card slot
M.2 connector 1 lane PCIe for SSD
Intel Dual Band Wireless-AC 8260
USB 3.0 OTG
Reprogrammable I/O via Altera Max 10 FPGA
8MP RGB camera (front-facing) - one of the 3 camera modules included with the Aero Vision Accessory Kit
VGA camera, global shutter, monochrome (down-facing)
Open-source embedded Linux*, Yocto Project
Insyde Software InsydeH2O* UEFI BIOS optimized for the Intel Aero Platform for UAVs.

Intel RealSense camera (R200)

Intel Aero Flight Controller with Dronecode* PX4* autopilot
STM32* microcontroller
Temperature compensated: 6 DoF IMU, magnetometer, and altitude sensors
Connected to the Aero Compute board over HSUART and communicates using MAVLink* protocol

Pre-assembled quadcopter
Carbon fiber airframe
GPS and compass
Power distribution board
4 electronic speed controllers
4 motors
8 snap-on propellers
Spektrum* DSMX* Serial Receiver

Spektrum DXe Transmitter (2.4GHz DSMX)
-------------------------------------------------------------


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Intel Aero Ready to Fly Drone | Intel製のドローン (UAV)
メーカー (Intel) WEBサイト


詳細を見る

ページの先頭へ