ホーム > 新着情報

新着情報

2017.03.15 ニュース Elecard StreamEye 期間限定お買い得キャンペーン実施中 - 3月20日まで

elecard_campaign.jpg

映像品質解析や映像圧縮の最適化のためのソフトウェアスイート
Elecard StreamEye Studio をただいま特別価格にてご提供中です!!


キャンペーン期間: 2017年2月20日~3月20日

テガラ株式会社(Tegara Corporation)は Elecard 社の認定リセラーです。
Elecard Group | Resellers



Elecard StreamEye Studio は、
ビデオ品質の解析、動画圧縮エンコードにおけるトラブルシューティング、
ビデオ規格への準拠などの機能を包括したソフトウェアスイートです。
放送業界や、映像機器開発などの分野のお客様から
よくお問い合わせをいただだく製品です。


Elecard StreamEye Studio


elecard_img.jpg

以下 5つの製品がセットになっています

Elecard StreamEye
Elecard YUV Viewer
Elecard Video QuEst
Elecard Stream Analyzer
Elecard StreamEye Command Line tool


サポートフォーマット:
・Transport Stream MPEG-2
・Program Stream MPEG-2
・MPEG 1/2 Video stream
・AVC/H.264 Video stream
・HEVC/H.265 Video stream
・VP9 Video stream
・MP4 file container
・MKV file container
・AVI file container


主な特徴:
・UltraHD 4Kビデオのサポート
・ビット割り当ての算出のための調整可能なウィンドウ
・各ブロック (ベクター、タイプ、サイズ) のためのインデプスデータ
・異なる設定でエンコードされたファイル比較のために、2つのインスタンスの自動同期
・標準コンプライアンスの検証 ...など。

より詳細な情報は、メーカーサイトをご確認ください


streameye_ss.jpg
◆ StreamEye からのスクリーンショット


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Elecard StreamEye Studio
| 映像品質解析や映像圧縮の最適化のためのソフトウェアスイート


メーカー (Elecard company) WEBサイト



詳細を見る

2017.03.13 ソフトウェア 2D/3Dデータ可視化ソフトウェア「LightningChart」の最新版 v8がリリースされました

2D/3Dでのデータ可視化のための
Windows Forms および WPF用 ソフトウェア開発キット LightningChart
最新版 v8 が2017年3月7日にリリースされました。
lightningchart_v8_img.jpg

LightningChart は、
科学、工学、医学、航空宇宙、貿易、エネルギーなどの分野に適した
数多くの種類のチャートコンポーネントを含んでおり、
10億データポイント以上のデータをリアルタイムで表示する
高い描画処理能力を持っています。

v8 からの新機能として、チャートライブラリの3Dオブジェクトと関連づけ可能な
Volume Rendering 機能が追加されました。
体積測定情報を利用する医学分野や、
CTや超音波による非破壊検査などにおける活用が想定されています。




【Lightning Chart 各機能の特徴】

XY Charts
lc_xy.jpg
Series types: sampled data (discrete signal), point-line, freeform point-line,
areas, high-low, polygon, stock (candle-stick), bar, band, constant line,
intensity grid, intensity mesh

3D charts
lc_3d.jpg
Series types: surface mesh, surface grid, waterfall, polygon, rectangle planes,
mesh models, point-line, bar and pie charts

Maps
lc_maps.jpg
On-line tile maps: supports street maps and satellite imagery
Dozens of maps: World, continents, specific areas
Multi-layer: land, lakes, rivers, roads, cities etc

Smith view
lc_smith.jpg
Series types: point-line

Polar View
lc_polar.jpg
Series types: area, point-line

Volume Rendering
lc_rendering.jpg
・Separate Linear Transfer function for every channel
・Volume Thresholding in accordance with voxels brightness for every channel
・Dynamic modification of Voxel range
・Manual or Automatic Adoptive sampling rate of volume data
・Three interchangeable options for Volume Rendering Ray function
・Full interaction with traditional 3D models

Signal Tools
...SignalReader
...AudioInput
...SignalGenerator
...SpectrumCalculator
...AudioOutput



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
LightningChart | データ可視化のためのソフトウェア
メーカー (Arction Ltd.) WEBサイト

詳細を見る

2017.03.03 ハードウェア IO-Linkデバイスをタブレット端末から操作するためのデバイス「iO-Fly」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、

IO-Linkデバイスをタブレット端末から操作するためのデバイス iO-Fly
ページを追加しました。


io_fly_img.jpg

iO-Fly は、IO-Link対応のセンサやアクチュエータの情報を、
iPadやAndroidタブレットで確認、操作することができるデバイスです。
IO-Linkデバイスの全ての機能へタブレットから直接アクセスでき、
IODDファイルのテスト、IO-Linkデバイスの設定編集、パラメータ化などが可能です。

WLAN もしくは Bluetooth LEネットワークを介し
IOLinkデバイスとタブレットとを接続します。
また3時間以上稼動のバッテリー内蔵により、現場でのワイヤレス使用が可能です。




【iO-Fly 3つのモード】

Bridge mode
接続されたIO-Linkデバイスと直接通信

Sniffing Mode
IO-LinkデバイスとIO-Linkマスタの間で相互接続

Direct Mode
IO-Link互換の最新の4-wireデバイスが古いシステムで動作している場合に、
そのデバイスの完全なIO-Link機能を提供



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
iO-Fly | IO-Linkデバイスをタブレット端末から操作するためのデバイス
メーカー (Lemonage Software GmbH) WEBサイト

詳細を見る

ページの先頭へ