ホーム > 新着情報

新着情報

2017.03.29 ソフトウェア 物理演算エンジンソフトウェア「MuJoCo Pro」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、

物理演算エンジンソフトウェア MuJoCo Pro のページを追加しました。

mujoco_image.jpg

MuJoCoは、米国ワシントン大学 移動制御研究室の研究者
Emo Todorov氏によって開発された物理エンジンです。
XMLパーサ、モデルコンパイラ、シミュレーター、
インタラクティブなOpenGLビジュアライザを含んだ、
C/C++ APIのダイナミックライブラリとなっています。

同研究室ではロボティクス分野での制御シミュレーションに
MuJoCoが活用されていますが、他にも汎用シミュレータとして、
生体力学、グラフィックス、アニメーション、機械学習など
様々な分野での活躍が期待されています。



【主な機能】

・Simulation in generalized coordinates, avoiding joint violations;
・Choice of projected Gauss-Seidel, sparse conjugate gradient, elliptic solver;
・Inverse dynamics that are well-defined even in the presence of contacts;
・Unified continuous-time formulation of constraints via convex optimization;
・Constraints include soft contacts, limits, dry friction, equality constraints;
・Multiple numerical integrators including Runge-Kutta methods;
・Actuators including motors, cylinders, muscles, tendons, slider-cranks;
・Multi-threaded sampling and finite-difference approximations;
・Intuitive XML model format (called MJCF) and built-in model compiler;
・Cross-platform GUI with interactive 3D visualization in OpenGL;
・Run-time module written in ANSI C and hand-tuned for performance.

詳細はメーカーサイトの Documentationをご覧ください


■商品の詳細、お問い合わせはこちら
MuJoCo Pro | 物理演算エンジンソフトウェア
メーカー (Roboti LLC) WEBサイト

詳細を見る

2017.03.27 ハードウェア 対象物の情報を読み取る小型分子センサー「SCiO」を追加しました

ユニポスWEBサイトに、

対象物の情報を読み取る小型分子センサー
SCiO - pocket molecular sensor
のページを追加しました。


scio_img.jpg

SCiO は、センサを向けた対象の構成成分を検出し、
連携されたスマートフォンで情報を表示することができる小型分子センサーです。
光スペクトルを検出する小型の分光器のチップが搭載されており、
例えば果物や野菜の熟成度、薬やサプリメントの成分、
自身の体脂肪率などをスキャンすることができます。

手のひらに収まるコンパクトなサイズで、
気軽に持ち運び・利用が可能なのが特徴です。




【SCiOで可能なことの一例】

・Get nutritional information - e.g. calories, fat, carbs, proteins
- about different foods: dairy products, meats and fruits & vegetables.
・Identify over-the-counter pain relievers
・Select the best quality produce from the produce stand
・Measure and track your body fat and body composition
・Measure cocoa solid concentration in chocolate
・ Build your own material sensing applications to classify and identify materials



■商品の詳細、お問い合わせはこちら
SCiO - pocket molecular sensor | 対象物の情報を読み取る小型分子センサー
メーカー (Consumer Physics Inc.) WEBサイト

詳細を見る

2017.03.23 ハードウェア Intel RealSense Developer Kit の最新版 ZR300がリリース・入荷しました

奥行きセンサ搭載カメラ(3Dカメラ) RealSense Developer Kitの最新版、
Intel RealSense ZR300 Development Kit が入荷しました。

zr300.jpg

ZR300はLinux (Ubuntu) に対応しており、
Intel Joule 570x 開発キットと組み合わせてロボットやドローンなどへの組み込み、
VRやARなどといった用途が想定されています。



Intel RealSense ZR300 Development Kit

zr300_1.jpg zr300_2.jpg


【ZR300 特徴】

・Linux 対応 (Windows非対応 ※2017年3月23日時点の情報)
・屋内/屋外 両方での使用に対応
・Intel のSoM 「Joule」に対応
・モノクロのFishEyeカメラを搭載
・慣性計測装置(IMU)を搭載


【主な仕様】

IRカメラ:
・解像度、フレームレート :2 x VGA @ 60 fps , global shutter, fixed focus
・視野(D x V x H) :70°x 46°x 59°

RGBカメラ:
・解像度、フレームレート : 2MP, Up to 1080p @ 30fps, 16:9, rolling shutter, fixed focus
・視野(D×V×H) :75°x 41.5°x 68°

Fisheyeカメラ:
・解像度: VGA @ 60 fps
・視野(D×V×H): 166°× 100°× 133°

IMU:
・IMU: 3-axis accelerometer & 3-axis gyroscope
・IMU Time Stamp: 50 μsec accuracy

・最短奥行距離: 0.6m (628×468) / 0.5m (480x360)
・屋内での最長距離: > 3.5m
・屋外での最長距離:光の具合により異なる


【サポート環境】

・Intel Joule (Intel Joule 570x 開発キット)
・Ubuntu 16.04




従来モデル Intel RealSense Developer Kit (SR300/R200)
大好評取扱い中です。




■商品の詳細、お問い合わせはこちら
Intel RealSense ZR300 Development Kit
| Linuxでの組み込み用途が想定されたRealSenseの最新版


メーカー (Intel) WEBサイト

詳細を見る

ページの先頭へ