ホーム > ハードウェア > 工学 > Ned / Ned2

Ned / Ned2

表示されている大きな画像をクリックすると、さらに詳細な画像をご覧いただくことが出来ます。

6軸制御のオープンソース・ロボットアーム
フランス Niryo社の開発する、6軸制御の教育・研究用オープンソース・ロボットアーム。 高い精度と再現性(0.5mm)、アルミニウム構造の採用による強固さとスムーズさが備わった協働ロボットです。

教育機関やメーカー、開発者など幅広いユーザー向けに設計されており、 ロボットを直接手で動かし動作を学習させるラーニングモードや、 Blocklyベースのオリジナルデスクトップアプリケーション(Niryo Studio)により、 プログラミングの知識がなくともロボットアームをコントロールすることが可能です (ROSやPython, C++でのプログラミングも可) 。

エンドエフェクタパーツを付け替えることで、様々なオブジェクトを取り扱うことができます。

New! (2022/3/1 追記)
■ 最新モデル「Ned2」がリリースされました
ラインアップは2モデル(NedNed2)です
(2022年3月現在)

Nedのデモ機は「1週間」または「1か月」のトライアルが
可能です。
詳しくは「レンタルサービスtegkari 予約販売フォーム」を
ご参照の上、お申し込みください。



ユニポス取扱いの小型ロボットアームの一例ご紹介




メーカー認定リセラー
メーカー
Niryo.
https://niryo.com/

取り扱い商品の一例

商品名 納品方法 納期 価格
Ned (Niryo.) 弊社より配送 お問い合わせください お問い合わせください
Ned2 (Niryo.) 弊社より配送 在庫あり、即納です。 お問い合わせください
エンドエフェクタパーツ (本体の種類、ご希望の製品をお知らせください) 弊社より配送 お問い合わせください お問い合わせください
Vision Set (本体の種類、ご希望の製品をお知らせください) 弊社より配送 お問い合わせください お問い合わせください
Conveyor Belt (本体の種類、ご希望の製品をお知らせください) 弊社より配送 お問い合わせください お問い合わせください

今すぐお見積り

ご希望の商品にチェックを入れてボタンをクリックすることで、該当商品をお見積もりフォームへ追加できます。納品方法についてはこちらをご覧ください。

商品説明


Niryo Ned2 / Ned

オープンソース技術に基づく、教育、研究、Industry 4.0向け6軸制御の協働ロボット(Cobot)。
Raspberry、Arduino、ROS(Robot Operating System)をベースしたロボットで、
高い精度と再現性(0.5mm)、スムーズな動きを実現するアルミニウム構造採用などにより、
産業の現場で必要とされる複雑な動きを再現できます。

ROSを使用して、シンプルなものから複雑なものまで、様々なプログラムを考案できます。
生産ラインでのロボット活用プロトタイピング(※)に適しています(Industry 4.0)。

Ecosystem を併せてご利用いただくのがおすすめです(Ecosystemはこちら)





New!! Ned2 外観


Ned からの主なアップデート箇所

・持続性: アルミニウム構造の堅牢性、0.5mmの精度 (precision)と再現性(repeatability)
・洗練されたデザイン: プラスチック射出成形カバーの採用
・静音性の向上: サイレントステッパーテクノロジーを搭載したサーボモータによる動作音の低減
・Raspberry Pi 4搭載: ARM V8 1.5GHz / 4GB RAM / Interface: USB3.0 up to 5 Gbps, WiFi 5
・装備: 2つのスピーカーとNed2の手首に装備されたコントロールパネル

Ned2の制御

・ロボットの手首にあるコントロールパネルで動作モードを選択(Freemotion mode)
・ビジュアルプログラミングBlocklyベースの Niryo Studio を使用した制御プログラム
・デジタル入出力を使用して、Arduino または Raspberry PiでNed2/Nedを制御
・ROSノードの開発(Python、C++)または、PythonAPIやModbusAPIを介して制御 など


Ned2 写真 (クリックで拡大します)





Ned 外観
※右:アルミニウム構造部分のイメージ

前モデル Niryo One からの主なアップデート箇所

・高度な用途に対応: 動作を再現する 0.5mmの精度(precision)と再現性(repeatability)
・アルミニウム構造: 堅牢かつロボットプロジェクトで必要とされるスムーズな動作を実現
・Raspberry Pi 4搭載: 64-bit ARM V8 / 2GB RAM / Interface: USB3.0, WiFi, Bluetooth 5.0

Nedの制御

・ビジュアルプログラミングBlocklyベースの Niryo Studio を使用した制御プログラム
・デジタル入出力を使用して、Arduino または Raspberry PiでNedを制御
・ROSノードの開発(Python、C++)または、PythonAPIやModbusAPIを介して制御
・Xboxコントローラで操作 など


Ned 写真 (クリックで拡大します)




Ned2 / Ned の仕様比較

Ned2 Ned
Number of axis 6 6
Weight 7 kg 6.5 kg
Payload 300 g 300 g
Max Reach 440 mm 440 mm
Precision +/- 0.5 mm 0,5 mm*
Repeatability +/- 0.5 mm 0,5 mm*
Power Supply 12 Volts / 7Av 11.1 Volts / 6A
Communication GigE, WiFi 2,4GHz and 5GHz, USB2.0, USB3.0 WiFi 2,4GHz and 5GHz, BT, USB
Interface/Programming Windows/MacOS/Linux (desktop application) and APIs
Materials Aluminum, ABC-PC (injection moulding) Aluminum, PLA (3D printing)
Ports 1x Ethernet + 2x USB 3.0 + 2x USB 2.0
Hardware Raspberry pi 4
Accelerometer and gyroscope in the control panel
Raspberry pi 4
+ 3x NiryoSteppers
+ 2x Dynamixel XL - 430
+ 1x Dynamixel XL - 320
Human-Machine interface LED Ring, Speakers, Microphone -
Collision detection sensor Magnetic sensor (on motor)

* 精度と再現性 : Niryoは教育・研究用を目的としたロボットであるため、産業用アプリケーションの精度と堅牢性を保証していません


----------------------------------------------

エンドエフェクタパーツ

Ned2 および Ned には 様々な対象を取り扱うことのできる Custom Gripperが付属します。
その他のパーツについては、別途ご購入いただくオプション品となります。
ご希望の際にはお知らせください。

※各パーツの詳細はメーカーページにてご確認ください
Ned2 のアクセサリ
Ned のアクセサリ


■ Ned2用エンドエフェクタパーツ


・Custom Gripper (Ned2 デフォルトパーツ)
jaws-先端部分を自由に取り換えることが可能なグリッパー


・Large Gripper - Ned2
大きなオブジェクトを掴むのに適したグリッパー


・Adaptive Gripper
カップや卵など丸いオブジェクト および 壊れやすいオブジェクトを掴むのに適したグリッパー


・Vacuum Pump - Ned2
掴むことが難しいオブジェクトを「吸引」により取り上げるためのパーツ
箱のふたを持ち上げたり大きく平らなオブジェクトを取り上げるのに最適


・Electromagnet - Ned2
金属パーツなどを「磁力」で取り上げるためのパーツ


■ Ned用エンドエフェクタパーツ


・Custom Gripper (Ned デフォルトパーツ)
jaws-先端部分を自由に取り換えることが可能なグリッパー (3Dプリンタで自作したパーツも利用可能)


・Custom Gripper Jaws pack
Custom Gripper 用の取り換えパーツ 3種類のセット

Flat Jaws : スポンジボールのような大きくやわらかいものを掴むのに適したパーツ
Precision Jaws : 狭いところや物と物の間に配置されている小さなものを掴むのに適したパーツ
XL Jaws : 大きなものを掴むのに適したパーツ


・Large Gripper
大きなオブジェクトを掴むのに適したグリッパー


・Adaptive Gripper
カップや卵など丸いオブジェクト および 壊れやすいオブジェクトを掴むのに適したグリッパー


・Vacuum Pump
掴むことが難しいオブジェクトを「吸引」により取り上げるためのパーツ。
箱のふたを持ち上げたり大きく平らなオブジェクトを取り上げるのに最適


・Electromagnet
金属パーツなどを「磁力」で取り上げるためのパーツ


----------------------------------------------


Ecosystem


■ Vision Set

Ned2のアーム部分に取り付けるモジュールセット。
色と形状に基づいたオブジェクトの検出や、対象物の選択機能をNed2に付与できます。
ピッキングのシミュレーションに最適な 色や形が異なるオブジェクトのセットや、
Ned Custom Gripper 用のアップグレードパーツなどが含まれています。

Niryo Studio / Niryo One Studio の Blocky インターフェースを用いることで、
ピッキングのような複雑な機能も、簡単に実現することができます
(TCPスクリプトを使用することも可能です)。


※Ned2専用の「Vision Set - Ned2 」と、Ned と Ned2 に対応した「Vision Set」があります


Vision Setの仕様
Vision Set - Ned2 Vision Set
appearance
Sensor Sony IMX322
Lens Size 2.1mm
Pixel Size 2000(H)x1121(V) approx. 2.24 M pixels
Image Area 1080p (1920×1080)
Resolution & Frame Rate Available
Compressed and Raw 320×240@30fps / 352×288@30fps / 640×360@30fps / 640×480@30fps
Raw only 800×600@ 15 fps
Compressed only 800×600@30fps / 1280×720@30fps / 1920×1080@30fps
より詳細な仕様 Ned2 Vision Set Specificationsタブ Ned Vision Set Specificationsタブ


----------------------------------------------

■ Conveyor Belt

生産ラインを再現することのできるベルトコンベアー。
前進・後退 双方向に動かすことができ、スピード調整もできます。
なお付属するコントローラーモジュールを利用することで、
Niryoシリーズ本体無しで、コンベアーを自律的に制御することも可能です。

※全モデル (Niryo One/Ned/Ned2) に対応した「Conveyor Belt(v2)」と、
Niryo One/Nedに対応した「Conveyor Belt」があります


Conveyor Beltの仕様
Conveyor Belt(v2) Conveyor Belt(※)
appearance
Effective Delivering Distance 700 mm
Direction of movement Bidirectional
Control Method Niryo One Studio / Niryo Studio / PyNiryo / PyNiryoRos / Niryo One Modbus / Arduino Niryo One Studio / Niryo Studio / Python API / Niryo One Modbus / Arduino
Dimensions / Weight 712 mm × 225 mm × 60 mm
2 kg
より詳細な仕様 Ned2 Conveyor Belt (v2) Specificationsタブ Ned Conveyor Specificationsタブ

※NedのConveyor Beltには Standard SetEducation Set があります。
Education Set にはピッキングのシミュレーションに最適な色や形が異なるオブジェクトのセットや、
Standard Gripper用のアップグレードパーツなどが含まれています。


動画


Say hello to Ned2, Niryo's new six-axis cobot.




レビュー

Widget is loading comments...

このメーカーの他の商品を見る

ページの先頭へ