ホーム > ソフトウェア > セキュリティ関連 > Hatching Triage

Hatching Triage

マルウェアサンドボックス
クロスプラットフォーム(Windows、Android、LinuxおよびmacOS)に対応した、マルウェア検出や大容量の分析が可能なサンドボックス(sandbox)。

Hatching社独自のアーキテクチャを採用し、分散ソリューションとして設計されています。 高速でスケーラブルなサンドボックス化とマルウェア解析のスピードアップを実現しており、 サンドボックスサービスとしては前例のない、1日あたり500,000件の解析が可能です。

シンプルなスコアリング、解析設定のプリセット、リアルタイムに確認可能な解析結果、明瞭なレポートなどの機能も充実。 状況判断や情報共有をより素早く簡潔に行うことができます。

大企業や企業内のセキュリティチーム、セキュリティサービスプロバイダ、ニッチな情報セキュリティの専門家まで、Triageはサイバーセキュリティのために利用されています。

検索キーワード:
MSS(Managed Security Service) / マネージドセキュリティサービスプロバイダ / サービスプロバイダ / セキュリティオペレーションセンタ(SOC, Security Operation Center) / コンピュータ緊急対応チーム(CERT, CERT Coordination Center) / 多層防御策 / セキュリティ対策

メーカー
Hatching International BV
https://hatching.io/

取り扱い商品の一例

商品名 納品方法 納期 価格
Triage Volume-based License (解析ファイル数、サンドボックス環境をお知らせください) 電子デリバリー お問い合わせください お問い合わせください

今すぐお見積り

ご希望の商品にチェックを入れてボタンをクリックすることで、該当商品をお見積もりフォームへ追加できます。納品方法についてはこちらをご覧ください。

商品説明



Triage

Hatching社(オランダ)のマルウェア検出や大容量の分析が可能なサンドボックス。
ユーザーが日常的に利用する領域から隔離された保護エリアを使用することで、
マルウェア検出や不具合のあるプログラムによる問題発生時において、
脅威に関する情報を素早く解析し、被害の最小化に役立てることができます。



【お問い合わせ方法】

Triage のお問い合わせの際には、
ライセンス登録者さま情報(企業名)を含む、以下の各項目についてお知らせください。
いただいた情報に基づき、お見積りいたします。


---------------------------------------------------------------------
1.ライセンス登録者さまの企業名
2.Volume-based License: 1日あたりの解析ファイル数 または サンプル数(最小50)
3.サンドボックス環境: プライベートクラウド、オンプレミス環境
4.Operating Systems: Windows, macOS, Linux, Android (単体または混在)
--------------------------------------------------------------------



【ライセンスについて】

Triageは volume-based licenseです。1年ごとにライセンスの更新が必要です。


標準パッケージ (1日あたりの解析ファイル数 または サンプル数)
Small: 500~2,000件/日
Medium: 2000~50,000件/日
Large: 50,000~500,000件/日(ご要望に応じてホスティングも可能)

※1日あたり 50,000 件の分析までスケールアップ可能。
※プライベートクラウドのセットアップ、ホスティング、メンテナンス、サポートを含む。
※サブスクリプションをご購入いただいた場合、
パブリッククラウド、プライベートクラウド、オンプレミス環境でも商用利用が可能。
カスタマイズ可能。標準パッケージ以外についてもお気軽にご相談ください。


※注意事項※
次年度分のライセンス契約は、基本的に「自動更新」となります。

このため、ご利用が初回契約期間のみとなり、次年度の更新を希望されない場合は、
ご注文時にその旨をお知らせください。
または満了日の70日前までに、必ずキャンセルのご連絡をお願い致します。


----------------------------------------------------------------------------------------

【主な特徴】

・スケーリング (リソースを増減が可能 / 分散ソリューションとして設計)
・自動マルウェア分析をサポート (クロスプラットフォーム対応)
・Triage VMを直接コントロール(Triageモニタ リアルタイムで確認可能)
・シンプルで分かりやすい情報表示(ユーザーにとって適切な情報のみを表示)
・複数のファイル形式やアーカイブをサポート(100種類以上)
・重要な解析結果の明瞭なレポート
・目的に合わせた分析設定のプリセットを設定可能(プロファイル機能)
・ニーズに合わせたカスタムVMの作成


【対象ユーザーの例】

・セキュリティサービスプロバイダ
- MSSP (Managed Security Service Providers)
- Security Operations (セキュリティオペレーション)
- SOAR (Security Orchestration, Automation and Response)

・企業内セキュリティチーム
- セキュリティオペレーションセンタ(SOC, Security Operation Center)
- コンピュータ緊急対応チーム (CERT, CERT Coordination Center)


【サポートされているファイル形式】

Executables(実行可能ファイル): DLL, EXE, MSI
Archives(解凍用): 7z, ACE, BZ2, CAB, DAA, EML, GZIP, IMG, ISO, LZ, LZH,
MSG, PKZIP, RAR, TAR, TNEF, VBN, VHD, XAR, XZ, ZIP
Scripting: BAT, PS1, JS, JSE, VBE, PL, VBS, WSF
macOS: APP, DMG, ELF, mach-O, PKG, SCPT
Android: APK, DEX
Linux(ARM, ARM64, MIPS, PowerPC, x86, x86_64): ELF, SH
Other: JAR, LNK, URL, JNLP など


レビュー

Widget is loading comments...

このメーカーの他の商品を見る

ページの先頭へ