ホーム > ソフトウェア > 数物系科学 > WIEN2k

WIEN2k

表示されている大きな画像をクリックすると、さらに詳細な画像をご覧いただくことが出来ます。

固体の電子構造計算プログラム
DFT法 (密度汎関数法)を用いた固体の電子構造計算プログラムパッケージ。
フルポテンシャル化された(L)APW法に局在軌道を拡張した「(L)APW+lo」に基づいており、バンド構造計算のための最も正確な方式の一つです。

WIEN2kは相対論効果を含んだ全電子方式で、多くの機能を備えています。WIEN2kの特徴と計算プロパティについてはこちらをご確認ください。



メーカー
P. Blaha and K. Schwarz (プログラム作成者)
http://susi.theochem.tuwien.ac.at

取り扱い商品の一例

商品名 納品方法 納期 価格
WIEN2k - Commercial Users 電子デリバリー 1週間程度 お問い合わせください
WIEN2k - Governmental Labs 電子デリバリー 1週間程度 お問い合わせください
WIEN2k - Academic institutions 電子デリバリー 1週間程度 お問い合わせください
WIEN2k - Computing centers 電子デリバリー 1週間程度 お問い合わせください
WIEN2k 対応ワークステーション 弊社より配送 お問い合わせください お問い合わせください

今すぐお見積り

ご希望の商品にチェックを入れてボタンをクリックすることで、該当商品をお見積もりフォームへ追加できます。納品方法についてはこちらをご覧ください。

商品説明


【ライセンス形態について】

WIEN2kは「Group Licence」での提供となります
(ライセンスにはソースコードやアップデートが含まれています)。
利用マシンの台数に制限はありませんが、同一研究グループ(※)内のメンバーでの利用に限ります。

※研究グループのメンバーの定義 : 研究リーダー(教授)とその下で研究を行う博士研究員、博士課程の学生


エンドユーザーさまのご所属によりライセンス価格が異なりますので、
お問い合わせの際にはエンドユーザーさま情報をお知らせください。

・Commercial Users - 企業や商用利用ユーザー
・Governmental Labs - 政府研究所や機関
・Academic institutions - 教育機関
・Computing centers - 非営利の計算センター または 商用の計算センター


コンピュータ要件についてはこちら

-------------------------------------------------------

【WIEN2k の特徴について】

WIEN2kは、C-Shellスクリプトを介して互いにリンクした
数多くの独立したFortran90プログラムで構築されています。
WIEN2kは、WEBブラウザ上で w2webインターフェースを用いて実行することができます
(より経験豊富なユーザーはコマンドラインからもWIEN2kを実行できます)。


主なタスク (実行の流れ)

1. 構造の定義 (cif-file import, spacegroup support, symmetry detection)



2. イニシャライズ(初期化) (semi-automatic guided input generation)

3. SCFサイクルの実行 (with/without simultaneous optimization of atomic positions)

4. プロパティの計算 ("Guided Tasks" in w2web)



---------------------------------------------
メーカーページにあるユーザーガイドのクイックスタートの項をご覧いただくことで
概要をご確認いただけます


特徴と計算プロパティ

・LDA, GGA, meta-GGA (libxc interface), LDA+U and EECE, orbital polarization, Hybrid-DFT

・centro- or non-centrosymmetric cells (mode), all 230 spacegroups built in

・spin-polarization (ferro- or antiferromagnetic structures), spin-orbit coupling

・sequential mode, k-parallel mode (without MPI, slow network with common NFS), massively parallel MPI mode (shared memory or Infiniband)

Energy bands and density of states

electron densities and spin densities, x-ray structure factors, potentials, STM and AFM simulations

・Baders's "atoms-in-molecule" concept

・total energy, forces, equilibrium geometries, structure optimization, elastic constants, molecular dynamics

・Phonons, with an interface to K.Parlinski's PHONON or A. Togos Phonopy program

・electric field gradients, isomer shifts, hyperfine fields, NMR chemical shifts, NMR Knight shifts

・x-ray emission and absorption spectra, electron energy loss spectra

・optical properties

・fermi surfaces


イメージ画像



左から : Energy bands / density of states / electron densities / equilibrium geometries
※各画像クリックで拡大します




WIEN2k のソフトウェアとあわせて、WIEN2kご利用に適したPCをご購入いただくことも可能です。

PC仕様の一例:
WIEN2k用マシン エントリー構成
WIEN2k用マシン スタンダード構成
WIEN2k用マシン おすすめ構成


テガラの研究用PCの製作・販売サービステグシスが、
お客様のご用途・ご要望にあわせて、PCの仕様をカスタムいたします。
ご希望の構成やご予算、現在お困りのことなどご相談いただければ、最適なPCをご提案いたします。

レビュー

Widget is loading comments...

このメーカーの他の商品を見る

ページの先頭へ